NTT

Arkadin is now operating as the Cloud Communications division of NTT Ltd. Together we do great things

バーチャルイベントにスポンサーやパートナーに協賛してもらう方法

バーチャルイベントを企画していると、イベントから収益を上げることも検討するでしょう。そうすることで、イベントにかかるコストを相殺し、高い収益性を確保できます。商業イベントであれば、イベントのチケットを販売することで収益性を上げることができますが、社内イベントの場合はそうはいきません。この場合、魅力的なスポンサーパッケージを準備し販売することで賄うことが可能になります。ですから、どういったタイプのイベントであっても、スポンサーやパートナーを募って収益を確保するのは可能というわけです。 過去にイベント運営経験がある方であれば、スポンサーパッケージの作り方はご存じかと思います。セッショントラック全体のスポンサーや、個々のセッションのスポンサーを募るのが一般的です。またコーヒーブレイクやネットワーキングスペース、イベント後の懇談会もスポンサーパッケージの対象になり得ます。近年では、会場のインターネット接続を来場者に提供するWi-Fiのスポンサーや、充電ステーションもスポンサー対象となる場合も増えています。来場者へのプレゼントをスポンサーするのも一案です。 オンラインでは、このような物理的な選択肢は存在しないかもしれませんが、バーチャルイベントが対面式のイベントに比べて多くの利点を持っているだけでなく、収益化できる要素も豊富にあります。 今回はこうした、スポンサーパッケージの中身をバーチャルイベントではどのように実現できるか、いくつかご紹介します。 ディスプレイ広告 バーチャルイベントプラットフォームにあるディスプレイ広告を活用しましょう。一部プラットフォームでは、IABの基準に準拠したサイズのディスプレイユニットが提供されています。この広告枠を使って、スポンサーのディスプレイ広告をバーチャルイベントへの来場者に見せることができます。複数広告クリエイティブを順番に表示させたり、広告をスポンサーのウェブサイトやランディングページにリンクさせたりすることができます。リンク先は、イベント内にあるスポンサーのバーチャルブースやウェビナーリストにすることもできます。 セッション・トラック 対面式のイベントでは、単発のセッションやテーマ別のトラックをスポンサーできるパッケージがありますが、バーチャルイベントでも同じようなスポンサーシップを設けることができます。ウェビナーのスポンサーになると、ウェビナー参加者のリストを受け取ることができるため、これがスポンサーシップのROIを決定する最大の要因となります。スポンサーのブランド要素をウェビナー画面内に配置することも可能です。ウェビナーの発表資料やダウンロード資料に、スポンサーの配布物を入れることもできます。ウェビナーの中身自体をスポンサー固定にすれば、ウェビナーの内容をスポンサーが設定できますので、いわば舞台の真ん中を陣取る格好になります。 社内イベントでは、パートナーやプロバイダーにスポンサーとして協賛いただいて、そのスポンサー自身の宣伝を社員に対してしていただくという方法があります。 ネットワーキングとソーシャル バーチャルイベントでは、直接会って交流するほどの機会は作ることができないかもしれませんが、それでもネットワーキングの時間や場を提供することはできます。イベントの進行中に関連トピックについて話し合う場や、事後に連絡を取り合えるような機会を作ることは可能です。スポンサーに対しては、オンラインのミーティングラウンジを自社ブランド化したり、ソーシャルでのアクティビティのスポンサーするような内容をパッケージに盛り込むことができます。 電子メールの一斉送信 バーチャルイベントの宣伝を目的とするメールを配信する際には、スポンサーリストを掲載しましょう。登録完了のメールや、リマインダメールにもスポンサーを記載します。ブランディングや露出度を高め、親しみやすさを醸成し、イベントとの関連性を高めるのに適した方法です。 ゲーム ゲーミフィケーションは、参加者のエンゲージメントを生み出す効果的なツールとなり得ます。スポンサーやパートナーは、参加者がイベントのコンテンツに触れる機会を増やし、参加者のつながりやネットワーキングをサポートしたりすることができます。また個々のゲームのスポンサーを募れば、ゲームの中にスポンサーのブランドやメッセージを組み込むことができます。スポンサー専用のゲームを作り、そのスポンサーがコンテンツを決定することもできます。例えば、スポンサーが問題と答えを用意するトリビアゲームなどはいかがでしょう。 カスタムスポンサーバッジ バッジは、参加者のイベントへの積極参加を促す優れた方法です。ブース訪問やスタッフとのチャットなど、参加者がスポンサーと交流するたびに、バッジを渡します。バッジを多く集めた参加者は、リーダーボードに表示されます。人々の承認を受けたい、何かをコレクションしたいという気持ちを誘い出す役目を果たします。 ビデオ広告 スポンサーに、バーチャルイベント内の特定の場所に短い動画広告を表示する機能を提供してはいかがでしょうか。動画は、自動再生ではなく、「クリックして再生」するように設定できるので、動画の視聴回数を計測することができます。また、セッションとセッションの間の休憩時間に動画広告を表示したり、セッションの一部としてプレロール広告を表示したりすることもできます。 マーキー広告 マーキー広告とは、デジタルに表示されるスクロールテロップのことです。 イベントを通して一連のマーキー広告を代わる代わる表示させたり、特定の時間に表示されるように設定したりすることもできます。マーキー広告にはもちろんスポンサーの広告を入れます。マーキー広告をクリックすると、イベント外部のウェブページや、イベント内の特定の場所に飛ぶようリンクを配置できます。…

How to involve sponsors or partners in your virtual events

If you are planning a virtual event, you may wish to monetize it. Doing so can allow you to offset your costs…

Why the virtual events user experience matters – and how to achieve it

When you decide to hold a virtual event, you’re making a statement of intent. You’re creating something more than just a series…

Your Sales Kick-Off will send a signal. What signal will you send?

As every sales director knows, a Sales Kick-Off is aptly named. Just like in a sports match, the Kick-Off is that moment…

Together we do great things